トップページ → 坐骨神経痛の理学的治療法を解説

坐骨神経痛の理学的治療法を解説

坐骨神経痛には、理学療法で治療が行われることもあります。理学療法は、怪我や病気・障害・高齢などの理由で身体の運動機能が著しく低下した患者に対して、物理的な手段で機能の維持や回復・改善を行います。主な理学療法には、以下のようなものがあります。

 

・温熱療法…血液やリンパの流れを改善するために、患部や全身を温めて症状をやわらげようとする治療法です。主な方法には、ホットパックでの患部の温め、遠赤外線やマイクロウェーブと呼ばれる極超短波などの機器を使用が挙げられます。

 

坐骨神経痛の痛みやしびれについての対症療法としてだけでなく、重症化を避けるためにも温熱療法は高い効果があります。温泉入浴や岩盤浴なども、専門医の指導に基づいて行うことで温熱療法につながります。

 

・牽引療法…椎間板による坐骨神経への圧迫を減少するために、背骨を牽引して伸ばす治療法です。昔から椎間板ヘルニアの治療法として行われており、理学療法士が牽引の負荷を調節します。椎間板の移動によって周辺の神経が刺激されると、坐骨神経痛の痛みやしびれが一時的に強まることもあります。

 

・運動療法…運動することによって、低下した機能の回復をはかる治療法です。リハビリという言葉で、広く知られている方法です。歩行やストレッチなどの身近な運動をはじめとして、専用の運道具を用いたトレーニングも行われます。人間が本来持っている治癒力や抵抗力を利用した治療法で、坐骨神経痛の効果も認められています。

 

接骨医や整体院、カイロプラクティックなどで行われる施術にも、温熱療法に含まれるものがあります。医療行為として認められていないものもありますが、組み合わせて行ってみるのもよいでしょう。