背中の脱毛なら!医療レーザー脱毛ランキング

 

背中の脱毛におすすめの医療レーザー脱毛

 

背中美人を目指す!背中の脱毛の仕方

 

自分ではなかなか気づかないのが、背中のムダ毛ですよね。しかし、他人はよく気づくものです。思春期の頃に背中の毛を指摘されて傷ついたという経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

背中の毛は気づいたとしても、なかなか自分では処理できません。カミソリで剃ろうにも届かないし、抜くことも相当難しいですよね。ですので、背中の毛は脱毛サロンなどでやってもらうのが一般的です。

 

また背中を綺麗にしたいからといって背中の毛を処理するのですが、サロンは高いからといって他の人に毛をカミソリなどで剃ってもらうというのはやめましょう。背中は皮脂が分泌されやすいところでもあります。そんな背中の毛を、自分の肌じゃないので加減が分からないという状態で剃られると肌に傷がついてしまうおそれがあります。

 

そうすると肌は、肌を守ろうと大量の皮脂を分泌するのですがこれが傷ついた毛穴などにつまり、菌が増殖することで背中ニキビの原因となります。背中ニキビが悪化してしまえばニキビ跡や黒ずみの原因となり、背中は綺麗になるどころか汚くなってしまうのです。

 

ですので背中の毛を処理する場合にはサロンなどのレーザーや光を使用するか、どうしても他人に頼む場合には電気シェーバーなどを使用してもらうようにしましょう。

 

また、家庭用の脱毛器でも背中の毛を脱毛することは可能です。自分では届かない場所は無理をせず、誰かに頼むようにしましょう。またそういった場合でも背中には少なからずダメージがあります。処理後のアフターケアもしっかり行いましょう。一番安全なのは医療クリニックで行うレーザー脱毛です。参考:レーザー脱毛ランキング

 

更年期の脱毛はどうする?

 

脱毛は基本的に誰でもできるものですが、更年期を迎えた女性の方は少し注意が必要です。というのも、更年期になると女性ホルモンの分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

 

更年期によってホルモンバランスが崩れると様々な障害や現象を引き起こしますが、その中のひとつにムダ毛が増えてしまう、といったこともあります。更年期で必要以上にイライラしたり、動悸がしたり、不眠症になったり毛が抜けるという症状はよく知られていますが、毛が生える、というのはあまり聞いた事がありませんよね。

 

しかし、更年期によって女性ホルモンの分泌量が減少している状態でも、男性ホルモンの分泌量には変化がなく、その為男性ホルモンによる動きが活発化して体毛が濃くなってしまう場合もあるのです。

 

このことから更年期で脱毛サロンに通う人も少なくありません。自分で処理出来ればいいのですが、この時期は肌の状態も悪くなっている事が多く、乾燥していたりして自己処理によって肌荒れなどが引き起こりやすくなっているのです。

 

ですので、この時期に脱毛を行うのであればできるだけ肌に負担をかけないよう、電気シェーバーなどを使用するほうがいいでしょう。どうしても気になるのであればサロンなどにいって肌の状態を見てもらい、OKが出れば脱毛の施術を受けることもできます。

 

更年期には個人差もありますが、こういった悩みを抱えているかたも沢山います。あまり悩みすぎず、プロに相談してみるといいでしょう。

 

ゴルフでスタイルを作る

 

最近は女性ゴルファーたちの活躍もあり、ゴルフをする女性が増えていると言われています。そして、ゴルフをする女性はスタイルが良くなる、といった話もあり、ゴルフを始めてみようという人が増えているようです。

 

ゴルフのスイングは、腹斜筋を使いますし、多くの筋肉を使う運動で、それを繰り返すだけでもスタイルをよくする効果が期待できるのですね。そして、ラウンドに出る人は長時間歩くことになりますから、それだけでもかなりハード。自然に脂肪を燃焼させることができると言われています。

 

腹斜筋を鍛えると、ウエストが細くなり、そしてゴルフの競技力アップにもおおいに関係する飛距離がアップすると言われています。その筋肉を作るためには、しっかりとねじる運動をすることが大事。どのようなトレーニングが良いでしょうか。

 

イスに座った状態で、足の裏を地面にしっかりつけます。右手で左足の外側の地面を触れるように体を斜めに倒し、そして元の体制に戻し、また今度は左手で右足の外側の地面に触れるようにしてみます。これを20回を1セットとして3セットを目標に頑張りましょう。

 

ごく軽いトレーニングではありますが、ストレッチ効果と共に腹斜筋を鍛える効果が高いので、ムリをせずに筋肉を鍛えていくことができます。

 

こうしたトレーニングだけでは不十分と感じる人は、より負荷がかかるように立って行ってみたり、トレーニングの前後にプロテインを摂取するなどしてみると良いでしょう。最も良いのは、やはりゴルフを実際に練習することでしょうか。何より楽しく続けられるのが良いですね。

 

こちらも参考に>>>くびれサプリランキング@お腹の脂肪を落としくびれを作る!

 

膝の痛みをとるには?

膝の痛みは、膝だけが原因ではない場合があります。人間は、利き腕や利き足あるように、右半身と左半身は別の動きをします。また、無意識にしている姿勢の癖によって、体にゆがみが生じてきます。体のゆがみ方は個人差がありますが、それが原因で膝の痛みが現れる場合があります。

 

体のゆがみを知るためには、整骨院や鍼灸院、整体、カイロプラクティックなどを受診するとわかります。そして、そのゆがみを解消するための施術が受けられます。膝の関節は、骨盤から太ももの骨がぶら下がっており、膝から脛の骨が向かい合っている形状をしています。ですから、骨盤がゆがんでいると、膝関節に与える影響が大きくなり、腰痛の原因にもなります。

 

このことから、最初は膝の痛みを緩和させるために、痛みの原因を探っていったら、骨盤がゆがんでいた、ということもあります。膝の痛みといっても、膝そのものに原因がある場合と、骨盤や腰などに原因がある場合があるのです。痛みの緩和にサプリがおすすめ!⇒膝の痛みに効くサプリ

 

膝の痛みでも、痛みがとても強い場合や膝の上や下にブヨブヨしたところがあり、水が溜まっているような感じがするときは、整骨院や鍼灸院などでは治療できないことがあるので、その場合は整形外科を受診し、適切な治療を受けるようにしましょう。

更新履歴